The right answer is in your choice.

アコーステックベッド・なみのりふね

  • HOME »
  • アコーステックベッド・なみのりふね

「なみのりふね」
その心地、まるで無重力。
パソコン用の画像

「なみのりふね」はこんな方にオススメです。

  • スポーツ後の体のケアをしたい
  • 家族のリラクゼーションをお考えの方
  • モヤモヤとした不定愁訴をやわらげたい方
  • 家で日々の健康管理をしたい方
  • 疲れているのにうまく眠れない方
  • 心身の疲れやストレスをその日にリセットしたい
  • 今までにない新しい音楽体験をお望みの方
  • 大好きな音楽でロゴストロン体験を深めたい方に!
  • 霊的問題でお悩みの方に
  • スムーズにからだをめぐらせたい方に
  • 抵抗力の向上をお望みの方に
  • 究極のロゴストロン体感を求める方に!
  • お清めの体験を深めたい方に

魂を揺さぶる響き「ボーンコンダクション」

七沢研究所で2005年より開発を始め、2010年に完成した
「アコースティックベッド」。

その開発の背景には、ある理論があった。
それは、ロボット工学の権威であり、チェリストでもあった、
故、糸川英夫博士が提唱した「ボーンコンダクション理論」。

糸川博士は、音について次のように述べている。

楽器を演奏する人は、弦楽器でも、管楽器でも、二つの音を聴いている。
ひとつは空気中を伝わって来る「音波」である。ステレオはこの世界を追う。

もう一つのチャンネルは、ボーンコンダクションと呼ばれ、
楽器をもつ手、抱えている身体を通して、直接振動として伝わり、
骨を通り、聴覚系伝播されるものである。

現代のオーディオ、ステレオ、すべてに欠けているのは、
このもう一つの「音」のチャンネルなのである。

音楽の中で、聴く人に真の恍惚感を与えるのは、
このボーンコンダクションの方である。

バイオリニストが、あごに楽器を抱えて、陶然と自分の弾く音に浸っているのは、
あごの骨に、バイオリンの表裏板から、直に伝わる振動音、
すなわち、ボーンコンダクションの音を聴いているためである。

ボーンコンダクションとは、骨伝導のこと。
音楽用のヘッドホンなど、一部のオーディオ製品において、
こうした「骨伝導」を謳う製品は存在する。

しかし、糸川博士が語る、身体全体を振動させる意味での、
ボーンコンダクションを起こす音は、現代において途絶えているのかも知れない。

「ディスコなどで、物凄い音響を出し、ドラムが桁外れの音を出すようになったのは、
若い方が本能的に、ボーンコンダクションを現代に復活させようというひとつの試みであろう」(糸川博士)。

このボーンコンダクション理論に基づき開発されたアコースティックベッドは、
音によって骨の中心を揺らすという画期的な方法で、
ただ音楽を聴くのとはまったく異なる、素晴らしい音楽体験を私たちにもたらした。

しかし、その至福の体験すら、ほんの序章に過ぎなかったのだ・・・。

ロゴストロンとの融合

七沢研究所はその後、2011年にロゴストロン100を発表する。
2015年に、ロゴストロン周波数を音に変えたロゴサウンドCDを発表し、
2017年には、ロゴストロン周波数を体感できるNigiを開発…。

脳、耳、そして手(肌)を通じ、ロゴストロン周波数を受信できる技術が確立された。

では、これらの技術を一緒に使うとどうなるか?

つまり、アコースティックベッドに横になり、ロゴストロン周波数を発信し、
ロゴサウンドをベッドのスピーカーから鳴らし、Nigiを手に持ってみる。

すると、ロゴストロン技術の組み合わせによって、
明らかな体感の変化が起きたのだ!!

七沢研究所のイベントでも、アコースティックベッドの体験は、
毎回順番待ちの列ができるほど人気となった。

ここで、もとシステム会社である七沢研究所は考える。

「もっと、より精緻にこの技術を統合できないだろうか?」

いま、ロゴストロン技術が劇的な進化を遂げ、アコースティックベッドという一つの舞台に統合される。

ロゴストロン言語周波数を極限まで活用すべく、内蔵するスピーカーを全面的に見直し、
ロゴストロン言語周波数を直接発振するゼロ磁場コイルを贅沢に4基も搭載し、
ベッド内部には場をイヤシロチ化するコトタマテバコを配置し、さらにロゴストロンNigiを接続可能にしたら…。

それは、次元を超えた新生アコースティックベッドとなった。
「なみのりふね」がここに誕生したのである。

秘密は「22mm」

大型スピーカーを内蔵する音響ベッド「なみのりふね」。

バイオリンやアコースティックギターのボディが豊かに鳴り響くように。

音の振動がベッド本体を共振させ、その共振音が体に伝わることによって、
素晴らしい「ボーンコンダクション」体験をもたらす。

しかし楽器の共振と違い、ベッドの場合は、人がその上へと横たわる。
せっかくのボーンコンダクションをもたらす音も、本体に直接体重が掛かってしまうと、振動が消えてしまうのだ。

音はしっかりと活かしつつ、ベッドで横になったときの骨振動によるリラクゼーション体験も同時に満たす。

七沢研究所では、これを、正六角形のハニカム(鉢の巣)構造を持った、
厚さ22mmのシリコンマットを挟むことによって実現した。
(※シリコン製ハニカムマットは特許取得済み)

厚さ22mm。
この厚さが特許内容の中核。

ベッドから伝わるサウンドが、六角柱の中の空気をしっかりと振動させ、
それが体へとダイレクトに伝わり、ボーンコンダクションを伴うサウンド体験をもたらすのだ。

頭部のスピーカーは、抜けのよい高音によって、耳のうっ滞をすっきりと解きほぐし、
背中から腰へと広がる力強い重低音は、まるで地球の地響きのように、
人間が忘れていた大地との繋がりを思い起こさせる。

全身へと広がるサウンドに体が共鳴するとき、
あなたの生命力は賦活され、意識が明瞭に広がるのを感じることだろう。

あなたの大好きな音、すべてLOGOSOUNDに!

今回、LOGOSOUNDSYSTEM.用に開発されたLOGOSOUND MIX アンプには、
なんとロゴストロン発信機の接続が可能。
ロゴストロン周波数を直接、サウンドにミックスできてしまうのだ。

つまり、あなたの好きなあらゆる音楽が、LOGOSOUNDになる。

魂を熱く揺さぶるロックサウンドも、陽気に心弾ませるポップも。
あの日、恋人と聴いた思い出のバラードも・・・。

すべてがLOGOSOUNDとして、あなたの意識進化を促進する音へと変わる。

音のボーンコンダクション効果であなたをからだの芯から癒やし、同時に好きな音楽で意識進化をもたらす、
まったく新しいロゴストロンのアプローチ。

お気に入りのサウンドがあなたを癒やし、意識を覚醒させる
「なみのりふね」+LOGOSOUNDの組み合わせ。

あなたは、その新しいロゴストロン体験にきっと満足するに違いない。

>> LOGOSOUND MIX アンプについて、詳しくはこちらもご覧ください。(※現在準備中)

まるで、ロゴストロンステーション?!

「なみのりふね」は、ロゴストロン周波数を発振するための巨大なゼロ磁場コイルを、4基も搭載している。
ここにお手持ちのロゴストロン発信機(※Nigiを除く)を直接繋ぐことで、ロゴストロン周波数を増幅させ、より広範囲に発振することが可能となるのだ。

ベッドに横たわれば、その言語周波数は全身へと浸透していく。

さらに、このベッドにはNigiとプラグインアースが接続できる。

お手持ちのロゴストロン発信機とNigiを接続することで
ベッドから鳴り響くサウンドにはロゴストロン周波数がミックスされ(図①)、
内蔵されたゼロ磁場コイルからは増幅されたロゴストロン言語周波数が発信され(図②)、
手に握ったNigiからはあらゆるうっ滞情報が電気信号と共に瞬時に流される(図③)。
(ロゴストロン発信機は①と②いずれにも一台ずつ必要)

ベッドに内蔵されたコトタマテバコは、ロゴストロン周波数を含む電子を循環させ、その場を癒しにふさわしいイヤシロチへと整える。

あらゆるロゴストロン技術が結集された「なみのりふね」は、
まるで、巨大なロゴストロンステーション。

日ごろのストレスでカチコチに凝り固まり、滞ったあなたの心身を、
この細やかな振動と周波数が深部から整え、めぐりを促し、ホロホロにほぐしてくれることだろう。

心身のうっ滞をほどいて、意識を目覚めさせる。
ロゴストロンテクノロジーが集結する「なみのりふね」、日々のセルフメンテナンスにご活用いただきたい。

Menu<メニュー>

60分  5,000円
30分  3,000円


<完全予約制> お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-3837-1999 10:00 - 21:00

お問い合わせ

下記よりお気軽にメッセージください。
お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 心とカラダの健康サロン CREA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.